DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

超音波

一般的には、「超音波とは周波数が高くて耳に聞こえない音」とされています。人間に聞こえる周波数の範囲(可聴域)は、低い音で20 Hz、高い音で20,000 Hz(20 kHz)くらいまでの間とされ、例えば時報に使われている音は約880 Hzですが、工業分野においては、2 kHzや14.5 kHzなど耳に聞こえる音も超音波として扱うため「超音波とは、聞くことを目的としない音波である」と定義されています。